IDEA-QFD:品質機能展開

  1. シーズドリブンQD
    “新規”事業領域の開拓 自社技術シーズを生かせる事業機会(用途)の探索、商品企画と技術課題抽出
    IDEA-QFD
    “既存”事業領域における新製品開発 ターゲット顧客・用途において断トツ商品を生むための商品企画・仕様と技術課題抽出
  2. IDEA-TRIZ
    ブレークスルーを生む
    革新的な問題解決
    技術課題を達成するための
    革新的な問題解決案
    (実現コンセプト)の創出
  3. IDEA-TM
    新しい解決案を
    最適に具現化
    バラツキを抑えた最適設計で新しいコンセプトを具現化

IDEA-QFD…高収益に繋がる断トツ製品、断トツ技術を生むための
商品コンセプト(開発企画・開発仕様)と、重要な技術課題の抽出

顧客の要求を反映した商品(技術)企画を構想し、その上で開発に着手したはずなのに、いざ市場に出してみると思ったようには売れない、市場に出した途端に価格競争に陥ってしまう...多くの企業が共通して抱える悩みです。

IDEA-QFDは、顧客の声(Voice of Customers)の分析を起点とし、高い顧客価値の創出や明確な差別化に繋がるような“鍵となる顧客ニーズ”は何かを探しだし、そんな顧客ニーズを高いレベルで満たすためには“具体的な開発仕様”はどうあるべきか、その開発仕様を実現するための“重要な技術課題”は何か、を見究めるための体系的な手法(プロセス)です。

IDEA-QFDでは、ヒット商品、ヒット技術を生み出すためには、「どんな顧客価値を狙った商品(技術)」を開発すべきなのかをしっかりと見究めて、それを具体的な開発仕様(目標)に落とし込みます。それにより、“顧客ニーズと開発仕様のギャップ(かい離)”のない開発コンセプトづくりを目指します。
そしてその目標を妥協のないレベルで実現するための技術課題が何かを抽出します。

IDEA-QFDで抽出した技術課題は、TRIZ手法を活用することで効率良く解決し、断トツ製品(断トツ技術)のコンセプトを“絵に描いた餅に終わらせる”ことなく商品化へと結びつけることが可能です。

QFDの実績ステップ

STEP① テーマの設定
  • ・次世代の〇〇機の企画(例)
製品企画、開発設計、生産・製造技術、コストダウン、品質保証などQFD適用の目的を明確にしたうえでテーマを設定します。
STEP② 顧客ニーズの収集と整理
  • ・当該商品の顧客(顕在・潜在)のニーズ収集
  • ・顧客ニーズの整理と分類
想定される対象顧客のさまざまな要求を原始情報として収集しそれらを開発関係者間でシーン展開して顧客が気付いていないあるいは諦めているような潜在ニーズまでも抽出したうえで展開表に整理します。
STEP③ 顧客ニーズの分析と企画検討
  • ・顧客ニーズの分析
  • ・企画品質の検討と品質特性の抽出
  • ・展開表の作成
顧客要求品質のそれぞれについて、品質の種類や重要度評価を行い競合製品とのベンチマークと照らし合わせた上で狙うべき品質を絞り込みます。それと同時に各要求品質の実現に関係する品質特性を抽出し展開表に整理します。
STEP④ 要求品質-品質特性の関連性分析
  • ・品質特性-品質要求の二元表の作成
  • ・品質設計欄の検討
  • ・技術課題の選定(確認)
各要求品質とそれを実現させるために関係する品質特性を対応関係の強さにより3段階程度に区分して二元表に表わします。そして、狙うべき要求品質に関係する品質特性の目標値を設定し技術課題の有無について検討します。
STEP⑤ システムでの実現課題決定
  • ・TRIZ適用に関する確認→TRIZ実践へ
狙う品質の実現に立ちはだかる技術課題を確認して、それらの課題解決をTRIZの適用によって実現するための分析に移行します。
TRIZ書籍無料ダウンロード
TRIZ理論の紹介書籍を無料公開中です。具体的な事例を交えながらTRIZ理論の基礎・活用方法をご紹介。
こちらのフォームよりお申込みください。
お問い合わせ
052-930-6655