シーズドリブンQD

  1. シーズドリブンQD
    “新規”事業領域の開拓 自社技術シーズを生かせる事業機会(用途)の探索、商品企画と技術課題抽出
    IDEA-QFD
    “既存”事業領域における新製品開発 ターゲット顧客・用途において断トツ商品を生むための商品企画・仕様と技術課題抽出
  2. IDEA-TRIZ
    ブレークスルーを生む
    革新的な問題解決
    技術課題を達成するための
    革新的な問題解決案
    (実現コンセプト)の創出
  3. IDEA-TM
    新しい解決案を
    最適に具現化
    バラツキを抑えた最適設計で新しいコンセプトを具現化

SDQD…自社の技術シーズを生かした新規事業機会(用途)探索

自社のシーズ
材料・技術・特性 → 新規事業機会 探索・商品企画・技術課題

「自社の製品(材料)の新しい用途を開拓したい」、「自社の技術を生かせる新しい事業分野を開拓したい」…。多くの企業が毎年のように目標に掲げていますが、なかなか具体的な成果や進捗が出せずに悩んでいる課題ではないでしょうか?

シーズドリブンQD(シーズドリブン品質展開)は、自社の技術シーズの特性を生かせる事業機会(用途)を的確に探し出し、その用途で“勝てる商品”を生み出すための商品コンセプトづくりと、その技術課題を抽出する、体系的な手法(プロセス)です。

シーズドリブンQDでは、体系的開発手法のひとつであるQFDの考え方とイノベーション支援ソフトウェアGoldfireの知識探索機能をフルに活用して、自社シーズ(材料や技術)が生み出す「機能や特長」、そうした機能・特長を必要とする「新しい用途」の探索、想定した用途に対する「要求品質(ユーザ価値)」とそれを実現するための「技術課題」の抽出までを、体系的なアプローチで着実に実行することができます。

シーズドリブンQDを実行することで、新商品のコンセプトを、新しい商品が生み出す“ユーザ価値”と“それを実現する技術”の二つの視点から具体的に説明することができるようになります。それにより、社内での提案や検討だけでなく、想定顧客や提携企業の候補先などへの具体的なアプローチ(フィールドワーク)へスムーズに繋げることができます。

またシーズドリブンQDとTRIZ手法を連携して活用することで、新規事業の実現課題における問題を効率良く解決し、描いた新規事業アイデアを“絵に描いた餅に終わらせる”ことなく商品化へと結びつけることが可能です。

TRIZ書籍無料ダウンロード
TRIZ理論の紹介書籍を無料公開中です。具体的な事例を交えながらTRIZ理論の基礎・活用方法をご紹介。
こちらのフォームよりお申込みください。
お問い合わせ
052-930-6655