導入事例
  • HOME
  • 導入事例
  • 台湾の高機能ファブリックメーカの TRIZによる革新的課題解決 ~市場をリードするイノベーション実現のためのアイデア発想力強化~

台湾の高機能ファブリックメーカの TRIZによる革新的課題解決 ~市場をリードするイノベーション実現のためのアイデア発想力強化~

Everest Textile Co., Ltd. 様

Everest Textile(本社:台湾台南市、http://www.everest.com.tw)は、ナイキやノースフェイスなど多くのグローバルブランドを顧客とする、高機能ファブリック分野のリーディング企業です。
同社のEverest Technology Research Centerでは、2016年よりIDEAのTRIZ課題解決コンサルティングサービスとイノベーション支援ソフトウェアGoldfireを導入し、革新的な課題解決に取り組んでいます。

今回は、Everest Textileの取り組みについて、IDEAの台湾における販売代理店Hinton Information Servicesのコンサルティング・アドバイザPaul Hsu氏が、Everest Technology Research Centerの許 筌壹(Chuan-I Hsu)氏ににお話を伺いました。

Everest Textile (based in Tainan City, Taiwan, http://www.everest.com.tw) is a leading company providing high-functional fabrics/materials to many global brands such as Nike and The North Face.
Since 2016, Everest Technology Research Center (ETRC) has adopted IDEA’s TRIZ consulting services and the Goldfire innovation software to solve critical R&D and manufacturing problems.

Dr. Chuan-I Hsu of ETRC will share his experience in Everest’s innovative problem-solving initiatives with Paul Hsu, Consulting Advisor, Hinton Information Services (https://www.hintoninfo.com), IDEA’s reseller partner in Taiwan.

Paul@Hinton:
 Dr. Hsu, 最初にEverest Textileの会社と事業について教えてください。

 Dr. Hsu, first, please give us short introduction of Everest Textile and its business

Dr. Hsu@Everest Textile:
 Everest Textileは、台湾の台南市に本社を置いています。当社は1988に創業し、今は3100名の従業員がEverest Textileで働いています。
 当社は、スポーツ・アウトドアブランド、ファッション・シティブランドメーカ向けに機能性ファブリックなどの素材を開発・提供しています。お蔭様で、スポーツ・アウトドア分野では、ナイキ、ノースフェイス、コロンビア、パタゴニアなどグローバルブランド企業の主要プロバイダになることができました。

 Everest Textile was founded in 1988 and our headquarters is in Tinan city, Taiwan.  Today 3100 people work for the company. We develop and deliver high-functional materials to sport/outdoor and fashion/city apparel brands.  We are now a major supplier of such materials to many global brands such as Nike, The North Face, Columbia and Patagonia.

Paul@Hinton:
 Hsuさんは、Everest Technology Research Centerに所属されていますね。センターの概要についてお話いただけますか?

 Please tell us about your R&D organization.

Dr. Hsu@Everest Textile:
 当社の研究開発組織は、台南市の本社にあり、約150人の研究者がいます。研究開発部門は、私が所属している素材開発や生産技術の先行開発を担うEverest Technology Research Center(ETRC)と、ETRCの研究開発成果を活かして顧客企業のニーズに応えながら製品開発を進めるConnecting & Development Dept. (C&D)で構成されています。

 Our R&D facility is also located in Tainan and there are about 150 researchers working here. Everest Textile Research Center (ETRC) performs advanced R&D activities such as material research and process engineering, and Connecting & Development Dept. (C&D) brings ETRC’s research outcome to the markets, developing products to meet our customers’ needs and requirements.

...「イノベーション」を最優先に考えるETRCにとって、TRIZはまさに今必要としているものと直感した...

Paul@Hinton:
 2016年からTRIZを導入して課題解決の革新を図られていますが、そこにはどのような背景があったのでしょうか?

 You started adopting TRIZ in 2016 to innovate problem-solving at ETRC.  Please tell us the background of your decision?

Dr. Hsu@Everest Textile:
 2016年の夏にPaulさんが当社の葉(Yeh)董事長(注:董事長は、日本でいう社長・CEO)を初めて訪問して、IDEAさんのTRIZ課題解決コンサルティングサービスを紹介されたとき、葉(Yeh)はその場で導入を決断したそうです。
 将来に渡り市場をリードする力を維持するために、当社では「イノベーション」を最優先に考えています。そのためには、私たちETRCの研究者・技術者が、先入観や狭い知識に囚われずに常に新しいアイデアを出して、当社のパートナー企業に高い価値を提供し続ける必要があります。TRIZは、Everest Textileがまさに今必要としているものだと直感したそうです。

 Paul, when you first met with Yeh, our CEO, and introduced to him IDEA’s TRIZ consulting services, Yeh immediately decided, “We should bring this new approach to Everest Textile’s problem-solving”.  Innovation is always our top priority because it allows us to lead the market in a sustainable way.  At ETRC, our researchers and engineers need to deliver higher value to our business partners by creating new ideas outside the box.  Yeh immediately concluded that TRIZ is exactly what Everest Textile needs now.

Paul@Hinton:
 2016年秋に最初のプロジェクトがスタートしました。どのような問題の解決に取り組んだのですか?

 ETRC kicked off your first project in fall, 2016.  What problem did you try to solve in the first TRIZ project?

Dr. Hsu@Everest Textile:
 私自身も参加したこのプロジェクトでは、「ファブリック表面に残留する樹脂の問題解決」に取り組みました。防水性などの機能を付与するために、水溶性樹脂にファブリックを浸けた後、いくつかの工程を経て、オーブンで加熱して水分を乾燥させます。そのときファブリックの表面に樹脂が不均一に残留することがあり、それが色むらなどのファブリック外観や歩留まりに影響を与えます。最初のプロジェクトでは、当時私たちを悩ませていたこの問題の解決に取り組みました。

 We tackled the problem of resin residue on fabric surfaces.  To provide additional function such as waterproof, a fabric material is dipped into water-soluble resin.  After going through several processes, it is dried in an oven.  Sometimes resins non-uniformly remain on the fabric surfaces, affecting the fabric appearance such as color evenness and the production yield.  In this initial project, we tackled this resin residue problem that was very much annoying to us at that time.

TRIZの最初のプロジェクトでは、ファブリック表面に残留する樹脂の問題解決に取り組んだ

Paul@Hinton:
 製造プロセスの問題解決ですね。具体的にどのようにプロジェクトを進めていきましたか?どこから着手したのでしょうか?

 You tried to solve a manufacturing process problem.  What did you do first?

Dr. Hsu@Everest Textile:
 IDEAのコンサルタントの桑原さんに指導してもらいながら、IDEA-TRIZの課題解決プロセスに沿って、まずは問題の本質的な原因が何かを検討しました。
 最初に、対象の製造プロセスを時系列で整理しました。それぞれの工程の目的とそこで何が行われているか、それによる影響や問題を時系列で書き出しました。次に、問題の原因になっていると想定されるプロセス(工程)について、工程の構成要素を書き出してTRIZの機能-属性分析モデルを作成しました。その上で原因-結果分析を行い、問題発生のメカニズムを、製造装置の設計のどこに起因するのか、問題の根本原因を抽出しました。

 Kuwahara-san, an IDEA’s consultant, told us that the first step in IDEA’s TRIZ process is to analyze the core causes of the problem.  First, we listed all involved processes of this manufacturing line in a time-series manner: the purpose of each process, what happens at each, and effects and problems occur at each process.  Next, for the processes which are possibly causing the residue problem, we created a Function-Attribute Model to analyze functional relationship between those components.  Then, we created a Root-Cause Analysis model to identify how and where in the manufacturing equipment design the problem is caused and identified a set of root causes of the problem.

Paul@Hinton:
 TRIZでアイデアを出す前に、まずは課題の根本的な原因を明確にする必要があったのですね?

 You need to identified the problem root causes before generating ideas with TRIZ methods.

Dr. Hsu@Everest Textile:
 はい、そうです。それから各根本原因について、TRIZでアイデアを出すための問題定義を行い、発明原理や技術進化パターンといったアイデア創出ツールを使って、課題解決のアイデアを広げていきました。

 Yes.  Then, for each root cause, we formulated the problem definition to apply TRIZ, and expand solutions ideas using Inventive Principles and System Evolution Pattern

...今回は製造に関する問題なので、「作り方」と「製造装置」の両方の視点を意識してアイデアを出しました...短期から中長期まで複数の課題解決コンセプトをまとめ上げました...

Paul@Hinton:
 TRIZでアイデアを出すときに、何か指針にされた点はありますか?

 Did you have any guideline in generating ideas using TRIZ?

Dr. Hsu@Everest Textile:
 IDEAの桑原さんからは、「今回の問題は製造に関する問題なので、「作り方」と「製造装置」の両方の視点を意識しながらアイデアを出すように助言されました。例えば「作り方」であれば、プロセスの順番や位置関係、材料の流し方や加熱方法など。「製造装置」で言えば、布を送る機構の大きさや長さ、染色槽の深さや位置などです。
 アイデア出しの結果、発明原理を使って163個、進化パターンを使って87個、全部で250個のアイデアを出すことができました。それらを分類整理・評価して、相互に組み合わせながらより有効なアイデアにブラッシュアップしていきました。最終的には、短期から中長期まで数種類の課題解決コンセプトにまとめ上げることができました。

 Kuwahara-san advised us, as this is a manufacturing problem, we should generate ideas by considering two things: “process” and “equipment”.  For instance, as “process”, we need to think of the order or layout of processes, a way to feed raw materials, a way to heat, etc.  For “equipment”, we need to think of the size (length) of fabric feeding mechanism, the depth or position of dyeing tank.
In our ideation sessions, we could generate 163 ideas using Inventive Principles, 87 ideas using System Evolution Patterns, 250 ideas in total.  Then, we categorized and evaluated those ideas, combined them to brush into more effective ideas.  Finally, we crafted several concepts for short-term and mid/long-term problem-solutions.

...実際に短期的コンセプトを製造プロセスに適用し大きな成果を確認...多様性のある、思ってもいなかったようなアイデアも出て、課題をブレークスルーできました...

Paul@Hinton:
 最初のセミナーも入れて僅か10日間のコンサルティングで、そこまでやり遂げたわけですね。実際に取り組んでみて、成果をどう評価されましたか?

 You achieved all of this with just 10-day consulting seminar and workshop even in your first try.  How did you evaluate the TRIZ-based problem-solving process you adopted?

Dr. Hsu@Everest Textile:
 予想以上にアイデアを出すことができて驚きました。そして実際に短期的コンセプトを製造プロセスに適用し、具体的な数字はお話できませんが、大きな成果を確認することができました。
 従来の私たちのやり方と比べると、TRIZを使えば、アイデアの数はもちろん、アイデアの多様性や、今まで思ってもみなかったアイデアを出して、課題をブレークスルーすることができました。

 It was surprising that we could generate such many ideas.  It exceeded our expectations.  After this consulting project completed, we adopted one of the short-term concepts to our manufacturing line.  I cannot disclose any figures, but we could confirm significant outcome. Compared to our conventional way, with TRIZ, besides the number of ideas, we generated much diversified and unexpected ideas.  It allows us to break-through our problems.

Paul@Hinton:
 その後、TRIZを他の課題にも適用されていますね。

 After the first project, you have adopted TRIZ to other problems

Dr. Hsu@Everest Textile:
 はい。この最初のプロジェクトの後、もう1回、IDEAの桑原さんの指導を受けてTRIZ課題解決プロセスの適用の仕方を学びました。その後は、習得した方法を社内のメンバーだけで活用して課題解決に取り組んでいます。
 TRIZを活用できるようになり、アイデアが出なくて困るということから解放されました。これからもTRIZを活用して、当社の研究開発者の課題解決力をさらに上げて、イノベーションに繋げていきたいと思っています。

 Yes, we took IDEA’s TRIZ consulting one more time after the first project.  Kuwahara-san visited us again and we learned how to apply the TRIZ-based problem-solving process.  After that, we have kept adopting the process to other problems by ourselves.  By leveraging TRIZ, we are not annoyed by the lack of ideas any longer.  We will keep leveraging TRIZ to improve the problem-solving capability of our R&D engineers and delivering innovations to the market.

Paul@Hinton:
 Hsuさん、今日は貴社におけるTRIZ活用について、貴重な体験を共有頂き有難うございました。

 Dr. Hsu, thank you for sharing with us your precious experiences in the TRIZ adoption at Everest Textile.

あとがき

今回は、日本を飛び出して、台湾のクライアント企業のTRIZ活用事例についてご紹介しました。

 インタビューの中に出てくるEverest Textileの葉董事長は、台湾産業界のニュー・リーダーのひとりと認められている経営者で、台湾の蔡 英文総統の最初の外遊にも産業界の代表メンバーとして同行されています。
 そんな経営者の方に、イノベーション創出の推進力として期待して頂き、実際にIDEA-TRIZのプロセスを社内展開して頂いていることを光栄に思います。 

 今回の取材の実現に協力頂いたEverest TextileのHsu様、そして弊社のパートナーのHinton Information ServicesのもうひとりのHsuさんのお二人に感謝します。

 This time, we have introduced a TRIZ case study based on our Taiwanese client’s project.
Everest Textile’s CEO, Mr. Yeh is a recognized new generation leader in the Taiwanese industry.  He was one of those industry leaders who accompanied Taiwanese President Tsai Ing-wen’s first overseas visit to South America.
We are honored that we had an opportunity to help a leading Taiwanese company such as Everest Textile drive its innovation through our IDEA-TRIZ problem-solving process and consulting services

(本内容は、20204月時点のものです)

■関連リンク:

限られた経営資源の中からヒット製品を生み出す(QFD-TRIZを活用した革新的製品開発への挑戦の軌跡)
自動車部品メーカの【待ち受け型製品開発から提案型製品開発】への転換の取り組み(QFD-TRIZの活用)
精密鍛造金型のトップクラスメーカによる、自社技術を起点とする新商品開発の取り組み(シーズドリブンQD~TRIZ~タグチメソッドの連携活用)

 

関連する記事

「あったらいいな」を技術シーズ起点に発想する。小林製薬の新しいアイデア創出への取り組み(シーズドリブンQD~Goldfireの活用)

小林製薬株式会社 様

研究開発部門が「技術シーズを、顧客価値に翻訳」することで、研究開発とマーケティング部門のより密接な協働を促し、事業部一体で新商品のアイデアを創出できるようにしてきたいですね

リバーエレテック株式会社

シーズドリブンQDによる水晶Lamb波共振子の⽤途開発 ~自社のユニークな技術を活かせる新規事業機会の創出の取り組み~

リバーエレテック株式会社 様

このシステマチックなアプローチなら、私たちが開発した水晶Lamb波共振子の機能・特性を生かせる新しい用途を見つけ、新しい事業の創出に繋げることができそうだと確信しました

限られた経営資源の中からヒット製品を生み出す(QFD-TRIZを活用した革新的製品開発への挑戦の軌跡)

伸和コントロールズ株式会社 様

専任のマーケティング部隊もなく、潤沢な予算や人員があるわけでもありません。限られたリソースで如何に効率的にヒット製品を生み出すかが課題でした。こうした状況を打開しようと、QFDとTRIZを活用した取り組みをスタートさせました

TRIZ書籍無料ダウンロード

TRIZ理論の紹介書籍を無料公開中です。
具体的な事例を交えながらTRIZ理論の基礎・活用方法をご紹介。こちらのフォームよりお申込みください。

お問い合わせ
受付 9:00〜17:00 土日祝定休