Goldfire 知識検索

社内・社外の膨大な情報・知識を活用する

開発者・技術者の知識の獲得・活用を支援

知識検索で新たな知見・気付きの獲得を。

技術動向、顧客の課題、課題解決のヒント、過去の不具合事例など・・・必要な情報・知識をタイムリーに獲得できるか否かは、プロジェクトの成否や業務の効率に大きな影響を与えます。

「技術者の業務時間の42%が情報収集・整理・共有のみに費やされている」(IDC ResearchとIHS Markit調べ)、「研究開発予算の30%が過去の研究の繰り返しのために費やされている」(European Commission and European Patent Office調べ)・・・という調査結果もあります。

Goldfireは、意味検索に基づく「知識の発見(ナレッジディスカバリー)」を通じて、効率的に情報を探すだけでなく、イノベーションに繋がるような新たな知見・新たな気付きの獲得を支援します。

文章の意味を理解する意味検索技術(セマンティック検索)

Goldfireの知識検索は、キーワードだけでなく、意味の一致で検索します

Goldfireの意味検索エンジンは、文章内の単語同士の意味的な係り受けを分析し、ユーザのリサーチ意図に沿った検索を実行します。
例えば、「レーダーは歩行者を検知する」とクエリを実行すると、検索対象(知識ベース)から「レーダー(主語)+検知する(作用)+歩行者(目的語)」の意味と一致する結果を返します。

GoldfireのQ&A技術は、クエリの質問への回答と、回答の一覧リストを作成します

クエリを質問文にすると、Goldfireは質問に対する回答の候補を探します。また見つかった回答の一覧リストも自動生成します。
例えば「高吸水性樹脂の利点は何か?」と質問すれば、膨大な知識ベースから、高吸水性樹脂にはどのような利点があるかの回答と、その回答の根拠となる引用文を検索結果として返します。文章の中に直接的に「利点」という表現がなくても、「優れた」のような表現があれば利点として認識します。

知識ナビゲータ:短時間で効果的な“知識武装”を可能に

Goldfireの知識ナビゲータは、多様な切り口からテーマ(クエリ内容)に関する知識を収集し、その結果をカテゴリー毎に自動分類・表示します

Goldfireの知識ナビゲータは、検索結果の文書内容を読み取り、様々な切り口からテーマ(クエリ)に関する知識(情報)を抽出、自動的に分類・表示します。

例えば「高吸水性樹脂」とクエリを実行すると、高吸水性樹脂の種類、利点・欠点、使われている用途や場所、製造方法や条件、高吸水性樹脂の機能や効果など、予め定義されている数十種類の切り口で自動的に知識・情報を集め、カテゴリー毎に分類・表示します。

知識ナビゲータを使えば、効率良く対象テーマの情報・知識を俯瞰し、知識武装することができます。たとえリサーチの対象が馴染みの薄い領域のテーマであっても、短時間で“知識の土地勘”を獲得できます。

信頼性の高い情報コンテンツに基づく知識ベース(Goldfireインテリジェンス)とユーザ独自の知識ベース構築。そしてマルチ言語に対応したクロス言語検索

Goldfireでは、特許、文献、工業規格、世界有数の調査会社であるIHS社独自の情報コンテンツ、などの膨大かつ質の高い情報に基づく知識ベース(検索対象)を利用できます。
さらにユーザは、社外Webサイトや、社内ネットワーク上のファイルサーバなど、企業毎に新たな情報ソースから知識ベースを追加することが可能です。
また、日本語、英語、ドイツ語、フランス語、中国語のクロス言語検索にも対応し、日本語の検索クエリで、英語、ドイツ語など他言語の文書を検索することもできます。

“管理”ではなく、“活用”するためのナレッジマネジメント

過去の知識やノウハウを活用するために、ナレッジマネジメントに取り組む組織は少なくありません。
しかしナレッジマネジメントには次のような課題があります。

従来のナレッジマネジメントの問題点
  • ナレッジの統合はいつまでも完了しない(ナレッジとその種類は拡大し続ける)
  • 文書の分類ルールはすぐに陳腐化する(見直し作業の繰り返し)
  • ナレッジの追加・蓄積を習慣化し、継続するのは難しい
  • どんな切り口でナレッジを探すかは、必要になったそのときでないと分からない
  • 社内にどんな情報や知識があるかを知らない人にとっては、そもそも何を探せば良いかが分からない

Goldfireの知識ベース構築・検索機能を活用すれば、社内に散在する文書情報を何ら加工(分類ルールの策定やタグ付け)することなくそのまま索引付し(知識ベースの構築)、必要なときに必要な切り口から、適切な情報・知識を取り出すことができます。

例えば、社内文書から作った知識ベースに対して「センサー」で検索を実行すれば、過去にどのような種類や機能のセンサーに取り組んだか、どのような用途向けに開発されたのか、どのようなアセンブリに組み込まれたのか、などの情報を数秒の内に分類して表示してくれます。いわば、「センサー」に関する社内の知識マップを見ることができます。ここから様々な切り口で社内の知識やノウハウに効率良くアクセスすることができます。

Goldfireは、“管理”ではなく、“活用”視点に立ったナレッジマネジメントの実践を支援します。

TRIZ書籍無料ダウンロード

TRIZ理論の紹介書籍を無料公開中です。
具体的な事例を交えながらTRIZ理論の基礎・活用方法をご紹介。こちらのフォームよりお申込みください。

お問い合わせ
受付 9:00〜17:00 土日祝定休