“「機能」で考える”目的別課題解決プログラム

開発現場のリアルな”困った“の解決を支援する、”「機能」で考える“目的別課題解決プログラム

開発現場のリアルな”困った“の解決を支援する、”「機能」で考える“目的別課題解決プログラム

テーマ探索~商品企画~開発・設計~生産技術~量産まで、開発プロセスの各段階と解決すべき課題

製品開発プロセスの各段階で、開発者・技術者は様々な課題を解決しなければなりません。
解決が遅れればプロジェクトは遅延し、解決で妥協すればプロジェクトの成果にも影響します。
開発者・技術者の“課題解決力”は、開発効率、そして開発プロジェクトの成果に大きな影響を与えます。
最新のITツールや設備を導入して、企業は開発効率を上げてきました。しかし魅力的で差別化された製品を生み出すための開発者や技術者の“考える力”については、今も多くの企業が、経験や勘といった個人のスキルや特性に依存しています。

IDEAの“「機能」で考える”目的別課題解決プログラムは、製品開発プロセスで取り組むべき課題(目的)を、合理的、創造的、そして効率良く考えるための体系的アプローチです。

さらにこの“「機能」で考える”目的別課題解決プログラムを効率良く実践し、その展開・定着を支援するツールとして、各プログラムのワークフローに対応したソフトウェアツール「iQUAVIS IDEA Package」を提供しています。

>iQUAVIS IDEA Package について詳しく見る

“「機能」で考える”ことのメリット

「機能」とはシステムの働きを記述したものです。
「機能」は、「機能要素Sが対象物Oに対してVの働きをする」と表現できます。「機能」で表すことには、次のようなメリットがあります。

「機能」は、「機能要素Sが対象物Oに対してVの働きをする」と表現できる

問題をシンプルにできる

複雑な問題も枝葉が取り除かれて、どの「機能」に問題があるのかシンプルに見えてくる

システムの存在目的、顧客の期待を理解できる

システムの役割・対象が明確になると、システムを使う顧客の期待も明確にできる

システムの働きを多面的、網羅的に検討できる

「空間」と「時間」の機能的視点からのヌケモレない検討が可能

空間と時間の視点から「機能」を捉えて、対象システムの働き、ニーズ、問題を多面的に考える

空間と時間の二つの視点で「機能」を考えることが大切

「機能」は、空間的視点、時間的視点から捉えることができます。
製品として湯沸かしポットを例にとれば、ポットの加熱・保温部、貯水部などのサブシステム、さらにその下の部品・材料・・・と、ポットの空間的構成を辿って各構成要素の機能を考えることができます。
またポットをユーザが使う時の使用手順や、ポットを工場で組み立てる時の工程順に、時間の流れに沿って機能を展開することもできます。
このように空間と時間、両方の視点を持っていると、顧客ニーズの検討や、問題の発生原因の分析などもよりヌケモレなく進めることができます。

「機能」で繋がる、開発課題と体系的開発手法(QFD-TRIZ-タグチメソッド)

“「機能」で考え”れば、QFD-TRIZ-TMの3つの手法がシームレスに繋がる

QFD、TRIZ、タグチメソッド(TM)は、開発の大きな流れである「目標設定」→「コンセプト設計」→「信頼性設計」のための体系的な手法です。

QFDは開発の入り口で、顧客要求と競合他社の状況に基づいて開発企画と優先技術課題を決めます。このとき、顧客要求は「機能+その達成度合い」あるいは「今はまだ無い機能への願望」として捉えることができます。競合や代替技術も「機能+達成度合い」を使えば、分かりやすく比較できます。
TRIZで、課題解決のアイデアとコンセプトを求めるときも、課題は「機能の背反(矛盾関係)の解消」、「有用機能の向上・有害機能の解消」として考えられます。
そしてTMでは、コンセプト案を製品化する上で、顧客の要求する「基本機能」に着目して信頼性を考慮した設計パラメータの最適解を求めます。

このように、QFD、TRIZ、TMの各手法と、そこで取り組む開発課題は、「機能」という共通の接点でシームレスに繋がります。

「機能」で繋がる、IDEAの目的別課題解決プログラム

“「機能」で考える”目的別課題解決プログラム

IDEAの目的別課題解決プログラムは、QFD、TRIZ、TMのコア3手法と、必要に応じて他の手法も採り入れ、開発プロセスにおける様々な課題解決を、経験や勘に頼らずに合理的、創造的、そして効率良く考えるためのプログラムです。
プログラムは、テーマ探索、商品企画(QFD/UXデザイン)、技術課題解決(TRIZ)、コストダウン、リスク分析、特許強化など、多くの開発者・技術者が直面する課題(目的)別に整備されています。
各プログラムの入り口は、「“機能”で考える」課題設定・分析で統一されているので、すべてのプログラムがシームレスに連携します。開発が進むにつれ、異なる課題(目的)に取り組む際も、考え方が途切れることがありません。
考え方が統一されているので、プロジェクトに関わる多くの技術者、マネージャにとって、開発課題を表し、考え、理解するための「共通言語」になります。

TRIZ書籍無料ダウンロード

TRIZ理論の紹介書籍を無料公開中です。
具体的な事例を交えながらTRIZ理論の基礎・活用方法をご紹介。こちらのフォームよりお申込みください。

お問い合わせ
受付 9:00〜17:00 土日祝定休